徒然なるままに綴る気まぐれブログ。 農、食、映画、演劇、旅、風景・・・。

最近のエントリー
最近のコメント
カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー
リンク
プロフィール

万象(まんぞう)

Author:万象(まんぞう)
 
いらっしゃいませ。
ご来店ありがとうございます。
気の向くまま、思いつくまま、
身の回りのことをお届けいたします。
(2007年12月5日開店)

検索フォーム

RSSリンク

ウブド(バリ島)の街角

2008/08/07(Thu) 21:21




モンキー・フォレスト通りのホテル(コテージ)の玄関から通りを眺める。

ゆっくりとした時間が流れている。散歩する旅行者、談笑する地元の人たち。

ウブド(バリ島)の街角 の続き>>

プランバナンの動物たち

2008/07/25(Fri) 22:01




寺院遺跡の廻りに様々なレリーフがあり、その中に
動物の描かれたものもいくつかありました。

得たいの知れない動物、神?

プランバナンの動物たち の続き>>

モンキー・テンプル(猿寺)

2008/06/15(Sun) 20:05




久しぶり、バリ島へようこそ。

ここはビーチ・リゾートから遠い山間部の芸術の村、ウブド。
そこに野生の猿が沢山いる地区があります。

モンキー・フォレスト

通りをはさんで土産物屋が並んだ、賑やかな場所です。
そしてその先にあるのが、モンキー・テンプルです。

いたる所に猿の彫刻と本物の猿がおります。

モンキー・テンプル(猿寺) の続き>>

遺跡の中の動物たち

2008/04/16(Wed) 23:45




プランバナン遺跡の壁面などには、様々な神々のレリーフがあるが、動物も
描かれている。

猫や鳥、猿や、よくわからないものまで。
そして何故かシンメトリー。

遺跡の中の動物たち の続き>>

ロロ・ジョグラン

2008/04/08(Tue) 18:39




昔々、絶世の美女、ロロ・ジョグランに恋をした大男は、
彼女の意地悪により恋が実らず、それに怒った大男は
彼女を神殿に変えてしまった、という。

プランバナンの神殿のひとつに、彼女を物語るかのような、
官能的なシバ像が安置されている。

ここを訪れた人は、美しくなりたければ像の顔を、
豊かな胸に憧れる者はその胸を、足が良くなりたいと
思う者はその足をなでて祈る。


おそらく今は修復中の為、彼女を拝むことは出来ない。

ロロ・ジョグラン の続き>>

名もない寺

2008/03/30(Sun) 08:52




ウブドから自転車で走る。ふと、見かけた寺に寄ってみる。
誰もいない。僧侶などがいるわけではない。墓があるわけでもない。

ひっそりとして、鳥の鳴き声だけが小さく響き、少し離れた道を
たまに過ぎる人の声が聞こえてくる。

広場は何かまつりごとをする場所であろうか。
闘鶏などで賑わうことがあるのだろうか。

石畳に腰を下ろし、しばしくつろぐ。

コテージ

2008/03/16(Sun) 22:34




コテージって好きです。それぞれ離れのように独立していて、
おとなりといっても一部屋くらいで。

安く泊まれるし(高いところもいくらでもあるが)。
南国の旅行気分を盛り上げてくれます。

朝食もオープン・テラスなんかでおいしいし。
日本人客もよく見かけましたね。

2008/03/12(Wed) 22:01




バリ島はウブドで三泊したコテージの庭に
さりげなく生けてあった花。
石の器に水が張ってあり、そこに花が丁寧に
並べられてあります。見つけて嬉しくなりました。
メークされたベッドにも一輪置いてあったりもしました。

花と果物が年中あるのはいいですね。
暖かいところがうらやましくもあります。

私がバリに行くのは

2008/02/24(Sun) 21:53




ビーチ・リゾートならグアムが近いですが、わざわざバリに行くのは
ひとつにガムラン演奏と踊りにあります。
青銅の打楽器ガムランの独特な響き、それを従えて繰り広げられる
さまざまな踊り。特に夜の闇に浮かび上がる舞台は何とも言えない
独特の趣があります。

ヒンズー寺院

2008/01/30(Wed) 22:17




プランバナンはボロブドールとは違い、ヒンズー教の遺跡です。9世紀半ばあたりらしいです。対してボロブドールは8世紀頃のもの。

ヒンズー教には様々な神が存在するので、いくつのも寺院が建ち並んでいますが、それぞれ同じような形です。高さは50m弱。それぞれの中に一室があり、一体の神の石像が祀られています。

でも今は修復のため中には入れないそうです。
Presented by GALPOP BOLG. + GALPOP NET. / Powered by DTI Services, Inc.