徒然なるままに綴る気まぐれブログ。 農、食、映画、演劇、旅、風景・・・。

最近のエントリー
最近のコメント
カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリー
リンク
プロフィール

万象(まんぞう)

Author:万象(まんぞう)
 
いらっしゃいませ。
ご来店ありがとうございます。
気の向くまま、思いつくまま、
身の回りのことをお届けいたします。
(2007年12月5日開店)

検索フォーム

RSSリンク

不法滞在者発見

2010/06/17(Thu) 22:11

何気なく玄関の壁に目をやると、そこに変な形のものが。




蜂の巣。しかもカメバチ?? これは危ない!!




夕方、脚立を用意し命がけで撤去!強制退去。
中の反応は意外に大人しく、一、二匹くらいしかいなかったかも。

今年の雪は

2010/01/19(Tue) 22:44



やっと積もったという感じですが、本とは無い方がうれしい。
例年より少なめですが、温暖化の影響でしょうか。

屋根にも沢山乗っています。





うちの屋根は傾斜がかなり緩いです。ちょっと見、無落雪住宅。
ちょっとずつ、積もった雪が落ちるのです。

普通の家の屋根のように、「ずどどどどど」とは落ちません。
でも、軒下の方に積もった雪が回り込んでしまうと大変。
そうなると、棒かなにかで落とさなければいけません。
下からつつくと、多分に頭上に落ちるでしょう。

それは困る・・・。

猫のひたい

2009/11/30(Mon) 22:39



玄関脇の花壇がようやく完成しました。
土や敷き砂利は思っていたよりかなり必要でした。

これから雪が積もって、春にはめちゃめちゃになっていないと
いいのですが。
除雪は慎重にしなければいけませんね。

いよいよ冬

2009/11/02(Mon) 22:15



天気予報に「雪」マークが登場しました。木々は紅葉から枯れ葉
へと姿を変え、さらに枯れ木に向かっています。

しばらくぶりにペレット・ストーブの出番となりました。

燃焼室のススを掃除して、点火用ヒーターをきれいにして、
灰を捨てて、いざ点火。

木の燃える香ばしい香りが漂い、無事火が付きました。
ファン・ヒーターより手間がかかりますが、何とも言えない
癒し効果があります。



燃料のペレットが落ちてくると、火の粉が舞い上がります。
見ていて飽きません。

モルタル

2009/10/20(Tue) 21:18



玄関先に敷いた煉瓦を固定するために、モルタルを流し込みました。
DIY店でこんなのが売ってます。よく確かめないで「砂利入」を
買いましたが、でこぼこになりやすいので「砂入」の方が良かったかも。
水は少しずつ入れるのがコツです。



煉瓦にモルタルがくっ付くと白くなって残るので、ガムテープで
マスキングしました。煉瓦が湿気っていると付きません。
隙間に石を入れてみました。ビー玉や何かをはめ込んでもいいですね。




とりあえずここまで出来ました。次は左側のアプローチの予定です。

煉瓦を使う

2009/10/02(Fri) 21:25



玄関のアプローチは縁を濃い色、中を薄い色の煉瓦を敷きます。
とりあえず、縁の所だけ、コンクリート・ボンドで接着しました。

それしかしてないので、車が踏んで煉瓦が外れたり、割れたりした
所もあります。半端はいけませんね。




花壇の縁は焼き色の付いた煉瓦を使います。


今の所、ここまで。

つづく。

花壇の整備始めます

2009/09/26(Sat) 23:00




新しい家が出来て一年以上経ちますが、玄関付近がまだ未完成です。
いい加減、いつまでもこのまま半端ではいけません。いよいよ整備を
始めます。

煉瓦を敷いたり積んだりする計画ですが、うまく出来ますか。

玄関の花

2009/05/02(Sat) 22:43




玄関脇の花壇はまだ手つかずですが、
とりあえず植えたチューリップが
満開です。




この連休中に整備する予定ではありましたが、
どうも無理そうな感じです。



エアコン設置の反省点

2009/02/06(Fri) 22:33


最初の見積もりでは、主な暖房は蓄熱暖房機になっていました。エアコンもそれを見込んでのものでした。

それが何度となく検討と修正を加え、最終的にはリビング・ダイニングに「ペレット・ストーブ」を置き、暖房の補助と冷房にエアコンも付け、他の各部屋には一台づつエアコンを設置することに落ち着きました。

ところが、どんな規格のエアコンがどの位置に取り付けられるのか、その相談がありませんでした。いつの間にかユニットの箱が積み上げられ、室外機が取り付けられて行きました。

全館暖房を想定していたようです。冷房は部屋毎の使用でも大したロスは無くとも、暖房に関しては温度が逃げるということで、各部屋だけでなく、二階の廊下のスペースに大きなエアコンが取り付けられました。




写真のように、階段を上りきったところに大きなエアコンが付いています。フル暖エアコンという大変高性能かつパワーのある機種です。
勿論価格も豪華。我が家最大のエアコンです。

ところが、昨年の夏は使いませんでした。特に必要と感じるほど暑いとは感じなかったので、断熱が効いていた為でしょう。

そして今最も寒い季節です。全く使用していません。

ということで、数十万円のものを使わずにおります。はたして必要だったのか。必要だと説明されてOKを出した訳ですがねえ。






取り付けの位置も相談して欲しかったです。
例えば書斎ですが、狭いこともあり設置場所は限られるのはわかります。しかし棚に向かって吹き出すような取り付けってどうなんでしょう。

たった四畳の部屋でも八畳のと同じ装置。もっと小さくていいのに。


室外機室内機共に設置場所の確認はきちんと納得してから取り付けていただきましょう。

玄関

2009/02/01(Sun) 21:56




敷地が限られているので犠牲になってしまったのが玄関です。
狭いです。特に冬なんか長靴やブーツで一杯になります。
これでお客様が沢山おいでになることがあれば、とっても
窮屈。

でも、玄関を上がったところに備えたコート掛けは便利です。
ここも冬場は家族の分で一杯になるのが難点。どっちも
もう少しスペースが必要でしたね。

もうひとつ、玄関の工夫は、写真では見えませんが天井の
照明の位置が上がりの上にした事。これは客と家人の中間に
位置するのでどちらの顔も見やすくなります。
玄関部分の上だと、客の頭を照らし顔が暗くなるでしょ。

でも、この位置に設置するのは異例なのか、施工の際に
何度も説明する必要がありました。こういうことは、
結構ありました。お任せは禁物です。
Presented by GALPOP BOLG. + GALPOP NET. / Powered by DTI Services, Inc.