徒然なるままに綴る気まぐれブログ。 農、食、映画、演劇、旅、風景・・・。

最近のエントリー
最近のコメント
カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリー
リンク
プロフィール

万象(まんぞう)

Author:万象(まんぞう)
 
いらっしゃいませ。
ご来店ありがとうございます。
気の向くまま、思いつくまま、
身の回りのことをお届けいたします。
(2007年12月5日開店)

検索フォーム

RSSリンク

田植え一段落で、へろへろ

2012/06/09(Sat) 00:04

今年の田植え「機械の部」、6月6日に終了。去年並みなのだが、回りの田んぼはすでに植え終えて数日にもなる。種まきはそんなに変わらないのだが、どうしてそんなに皆さん早いのだろう。



まあ、右習えする必要は無いのでいいのだが、ひとり取り残された感じが、どうしてもしてしまう。

とにもかくにも一段落に違いはない。年々疲れを感じるなー。悲しい。

さて、田植え第二弾の手植えで補植開始。これも足腰に効きますなー。



田植えのシーズン

2012/05/28(Mon) 22:25

今年は特に雪融けが遅れたけど、田植えのシーズンはそれほど遅れてはいないようだ。すでに回りの田んぼは、かなり植えられている。

うちはかなりのんびりしているように見えるだろう。まだ代掻き(田植えの前の作業)だ。予定通りだがまわりにせかされているようで、何となくあせる。

前半戦開始は30日。今年は助っ人確保にも悩まされている。

水路掃除

2012/05/08(Tue) 23:08

土側溝(どそっこう)は土を掘っただけの水路なので、毎春底にたまった泥を掻き出さないと夏に草が繁殖して水の流れが滞ります。この作業が結構きつい。


終わった後はすっきり。いい気持ち。



今年はまだ水たまりの田んぼもあり、困ってます。

 

里山の新緑がきれいになってきました。



しいたけ三昧

2012/05/04(Fri) 21:21


父が生前(4〜5年前)植菌した椎茸が今年も出てきた。ありがたい。

雨が降り、一気に数が増えさらに成長も加速し毎日きのこ刈り。
おかげで色んな料理に椎茸が入ります。

玄関の脇で収穫出来る手軽さ。いいね。

「つや姫」始めました

2011/10/27(Thu) 22:53


山形県一押しの新しいお米「つや姫」。うちでも作りました。そしてようやく販売開始でーす。

ただでさえ甘みがあっておいしいのですが、さらに新米だとそれはもう・・・(○_○)!!


ぜひお試し下さい。

http://www.nmenya.com

田んぼの煙

2011/10/09(Sun) 22:39

稲刈り後に借り倒された「わら」に火を付けて焼く人がいます。

煙が拡がり視界を遮ります。かつては社会問題にもなりましたので、少なくはなったのですが。

なぜわらを焼くのか。

1、わらは稲穂から籾(米の入っている部分)を取られてから細断されて田んぼに散らされるのですが、翌年浮いてきて邪魔になるので乾いているうちに焼いてしまう。

2、灰にして肥料分にする。

3、害虫を駆除する。病原を除去する。

等の効果があるとされています。最大の理由は「1」かと思われます。

稲刈りはじめました

2011/09/27(Tue) 00:44


田植えが記録的に遅くなった春でしたが、その後順調に育ったイネは
たわわに稲穂を実らせました。台風が去ってから稲刈りを開始しました。


最初は「あきたこまち」翌々日に「ササニシキ」。割となっているような手応えです。でも、籾すりをしてみないとわかりません。

カメムシの被害が無ければいいのですが・・・。

二代目

2011/07/27(Wed) 22:01

三人の共同で購入した初代自走式草刈り機がもう限界まで壊れてしまい、ついに買い換えとなりました。

エンジンが少し後ろに配置され、ターン時のバランスが改良されました。重量が増えましたが、使っている時点で重くは感じません。

バック・ギヤもついて便利に。

しかも値段の割引率が格段に向上したのがうれしいです。
今回はふたりで共同です。

除草機

2011/07/07(Thu) 00:16

昔々、田んぼの草は全て手作業で取りました。まだ、一戸の所有する田んぼも少なかったし、労働力も沢山あったころ。

近代化に伴い栽培面積も増え、除草作業にも機械化の波が押し寄せた。

そして生まれたのが「除草機」。初めは手押しのものでしたが、これが大ヒットし、瞬く間に普及しました。

やがてエンジン付きが誕生し、除草作業の効率が格段に向上。

しかし、除草剤の開発が急速に進み、次第に除草機は姿を消して行きました。



ところが近年、有機農法など除草剤に頼らない農業の普及と共に再び除草機が脚光を浴びました。

納屋の奥深くに眠っていた機械が日の目を見ました。しかし、十年以上も放置状態の機械は至る所に劣化がみられました。交換部品も無く、修理しながらの作業もしばしば中断を余儀なくされたり。



やがて需要が見込めると、機械メーカーが再発売。基本構造はほとんど同じですが、エンジン性能が向上し重量も減り、やっぱし新しいのは使いやすい。

あとは体力の維持ですな(^0^;)

田植え一段落

2011/06/12(Sun) 23:09


ひとまず田植え前半終了。田植機はまた長い休眠へ。

ほっとする間もなく、機械で植えられなかった部分に手作業で
田植えです。昔ながらで腰を曲げて植えのですが、段々腰が痛く
なってきます。

ですから仕事は草刈りと入れ替わり立ち替わりで進めます。
ひとりでやっていると、いつ終わりになるのか不安にもなります。
Presented by GALPOP BOLG. + GALPOP NET. / Powered by DTI Services, Inc.